« December 2004 | Main | February 2005 »

2005.01.27

浅学非才(せんがくひさい)

学が浅く未熟なこと。また、その人。自らをへりくだって用いる。

「全学被災」  学校中が被災した。

「全額ください」 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.26

適材適所(てきざいてきしょ)

能力のある人物を、それに適した職務に配置すること。

「できないテスト」  今の時期、タイムリーすぎたかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.20

臥薪嘗胆(がしんしょうたん)

目的を達成するために、辛抱強く努力すること。

「邪神召還」「邪神賞賛」  ちょっとゲームのやりすぎかもしれない。

「邪心消散」  他にやらなきゃいけないことはたくさんあるでしょ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.19

波瀾万丈(はらんばんじょう)

激しい変化に富んでいること。人生の浮き沈みの激しさ。

「カラン頑丈」  この蛇口のカランは、頑丈にできている。

「ディラン バンジョー」  ボブ・ディランのバンジョー

| | Comments (0) | TrackBack (0)

起承転結(きしょうてんけつ)

文章の始まりの部分から展開を経て結論に至る組み立ての方法。

「起床貧血」  急に起きあがると貧血起こすから気をつけてね。

「希少献血」  珍しい血液型だから、献血。

「師匠金欠」  うちの師匠はいつも貧乏。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.18

軽挙妄動(けいきょもうどう)

軽はずみで、向こう見ずな行動をすること。

「急遽申そう」  軽挙妄動を納めるために、「急遽申そう」

「ケーキ入刀」を「急遽妄想」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

感慨無量(かんがいむりょう)

何も言えないくらい、強く身にしみて感じ入るさま。

「海外無料」  

「灌漑苦労」

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.16

一念発起(いちねんほっき)

今までの考え方を改め、新しく決意・努力すること。

「一年放棄」  一年もほったらかし。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

虎視眈々(こしたんたん)

機会を逃すまいと狙っているさま。

「古紙散乱」  回収車から荷崩れした。

「鯉産卵」   鯉が産卵

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.14

四面楚歌(しめんそか)

周りの人すべてが敵となって、非難に曝される状況。

「締めにソバ」  飲んだら最後はソバでしょう。  

| | Comments (0) | TrackBack (0)

才色兼備(さいしょくけんび)

一人の女性が美貌と知性の両方に恵まれていること。

「彩色顕微」  彩色が残っているところは、顕微鏡で見ないとわからない。

「菜食嫌ビーフ」  菜食主義なの。牛肉は食べないわ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

甲論乙駁(こうろんおつばく)

お互いに意見を主張しあい、議論がまとまらないこと。

「口論口パク」  言い合っているふりだけ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.12

内柔外剛(ないじゅうがいごう)

内心は弱いのに、外見だけは強そうなさま。

「内蔵改造」  やっぱりちょっとお酒控えようかな。

「内耳有害香」  耳に害のある香りってどんなの?(って言うより、これは無理過ぎかな)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.10

権謀術数(けんぼうじゅっすう)

さまざまな計略を巡らすこと。うまく相手をだますはかりごと。

「ケン坊頭痛」 で 「健忘実数」   ケン坊は頭が痛くて、数を忘れてしまった。 

| | Comments (1) | TrackBack (0)

右往左往(うおうさおう)

まごついてあっちへ行ったりこっちへ行ったりすること。

「雨王砂王」 が 「ウォ~ガォ~」  雨の王様と砂の王様がけんかしている。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

自家撞着(じかどうちゃく)

同じ人の言動や文章が前と後とで食い違い、つじつまが合わないこと。

「次回到着」  次の便では必ず届きますから。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.06

湿った雪

北海道で天気予報を見ていると、湿った雪、乾いた雪という言い方をしている。雪が湿ってたり乾いてたりするのはどうちがうんだろう。
と、思ってたら、
「湿った雪なので傘を忘れずに」
といっている番組があった。
そういうことだったのか。
あと、気温を言うのに、いちいち「プラス」とか「マイナス」っていうのね。
わざわざ「プラス」って言うのが珍しくて、北海道なんだなと思った。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.01.05

ごごこう

午後の紅茶ってどうして ごごこう じゃなくて 午後ティー なの?
ティーはどこにもついてないじゃん。
それじゃあ 伊右衛門 は イエティ か?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

人跡未踏(じんせきみとう)

いまだかって人間が足を踏み入れたことのないところ。

「親戚水戸」  水戸に親戚がいるって、それだけ。

「隕石見とう」  「何見とうの、自分」 「隕石見とう」 と、神戸より西の兵庫県民は話す。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

豪華絢爛(ごうかけんらん)

贅沢な上に派手で、きらきら光り輝いて美しいさま。

「業火見参」  これはこれで派手派手しくって見応えありそう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大願成就(たいがんじょうじゅ)

神仏に祈った大きな願い事が叶えられ実現すること。

「対岸ジョーズ」  向こう岸にはジョーズがいて、絶体絶命な様。


今年初めての一本目が、いきなり四字熟語じゃないあたりが、この一年を予見させるような気がする。
ともあれ、今年もよろしくお願い申し上げます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2004 | Main | February 2005 »