« 三日見ぬ間の桜(みっかみぬまのさくら) | Main | 鳶が鷹を生む(とびがたかをうむ) »

2005.04.07

絶体絶命(ぜったいぜつめい)

どうしても逃れることのできないせっぱつまった立場・状況。

「全体説明」  と称して、入学式の後そのまま体育館に閉じこめられてしまい、PTAの役員が決まるまで外に出して貰えそうもない。「絶体絶命」だ。

|

« 三日見ぬ間の桜(みっかみぬまのさくら) | Main | 鳶が鷹を生む(とびがたかをうむ) »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61765/3596478

Listed below are links to weblogs that reference 絶体絶命(ぜったいぜつめい):

« 三日見ぬ間の桜(みっかみぬまのさくら) | Main | 鳶が鷹を生む(とびがたかをうむ) »