« 病は気から(やまいはきから) | Main | 紺屋のあさって(こうやのあさって) »

2005.04.29

嚢中の錐(のうちゅうのきり)

袋の中に入れた錐の先が外に突き出るように、才能のある人は大勢の中にいても飛び抜けて目立つということ。

「脳中の霧」  昨夜のことは、脳の中に霧がかかったように、思い出せない。

|

« 病は気から(やまいはきから) | Main | 紺屋のあさって(こうやのあさって) »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61765/3904853

Listed below are links to weblogs that reference 嚢中の錐(のうちゅうのきり):

« 病は気から(やまいはきから) | Main | 紺屋のあさって(こうやのあさって) »