2005.07.27

金は天下の回りもの(かねはてんかのまわりもの)

金銭は世の中をまわっていくもので、いつかは金のない人のところにもやってくるものだ。

「彼は天界の回し者」 

久しぶりの言葉ネタ。

レベル高くなくってもいいかって気分にやっとなれたので、ちょっとUPしてみました。

| | TrackBack (0)

苛政は虎よりもたけし(かせいはとらよりもたけし)

人々を苦しめる政治は、人を食う虎よりも恐ろしい。

「火星人は虎よりもこけし?」 火星人の外見は、虎って言うよりこけしに似ている。

| | TrackBack (0)

2005.05.04

隗より始めよ(かいよりはじめよ)

大きな事業を始めるには、まず手近のところから始めるのがよい。
別に、言い出した人が、まず実行すべきだという意味もある。

「魁より一よvv(by 歳三)」  ここは島田より斎藤だな(by 土方)

| | TrackBack (0)

2005.04.29

紺屋のあさって(こうやのあさって)

天候次第で日程の変わる染め物の仕事のように、約束した期日があてにならないこと。

「荒野をあさって」  宝箱でも落ちていないかと、フィールド探索中。

| | TrackBack (0)

2005.04.14

木に竹を接ぐ(きにたけをつぐ)

木と竹をつなぎ合わせたように、、物事の前後の釣り合いが取れないこと。

「地位だけを継ぐ」  そのポストには就くけど、前任者のやり方を踏襲する気はない。

「地井武雄を継ぐ」  いったい、地井武雄のなんのポジションを継ごうというのか。
          保険のCM?TV東京のお出かけ番組?

| | TrackBack (0)

2005.03.25

看板に偽りなし(かんばんにいつわりなし)

看板に書いてあることと中身が同じ内容で、評判通りであること。

「甲板に居座りアリ」  そこにずっといられると困るんですけど。

| | TrackBack (0)

2005.02.24

九死に一生を得る(きゅうしにいっしょうをえる)

普通なら命を失う程の危険を切り抜けてやっと助かること。

「九州に一生を終える」  いろんな土地で暮らしたけれど、最後は九州で暮らしたい。

| | TrackBack (0)

2005.02.23

好事魔多し(こうじまおおし)

よいことは、とかく邪魔が入りやすい・

「工事夜通し」  今でも3月の道路工事って多いのかな?

四字熟語の方はお休み中ですが、諺ネタをちょっと。
そう、今年のカレンダーはことわざ編なのです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)